どうやらここが、城への入口らしい。

日がまだある時にここまでやってこれて良かったと、

Mは思った。

重い山羊革の靴を履き、ザックを背負って旅たった日、

辺りは一面凍りついていた。

乾いた雪をギュッギュッと踏みしめ、城にむけ足を踏み出した頃を

ふと思う。

城に同じように向かっていると樫花亭で話していたAや、

城へ向かったままの父が行方不明なので、

どこかで合う機会が有れば、孫ができたと伝えて欲しいと、

言っていたSのことを思いだした。

 

 

静がだ。

高いところから鳥が鳴くのがかすかに聞こえてくる。

ときおり、風がゆるやかにふくと葉がカサカサと音をたてるだけだ。

Mは、目をつぶりしゃがみこんでしまった。

 

 

f:id:swingswingswing:20150502105246j:plain