とにかく「厄介ピンチケの巣窟」というイメージだったCheeky Parade。

 

でも昔から楽曲の評価は妙に高いのは知っていた。

 

いつものように退屈しのぎに狼板を見ていたら、

下の動画が貼られていた。

 

 

あれ、格好良くないか…??

ダンスやばい

ダンスと楽曲の組み合わせやばい

永井日菜ってコのダンスやばい

ひなchuンやばい

 

という訳で現在Cheeky Paradeが気になってしょうがないのです。

 

Cheeky Parade、総体的にスクールカースト上位な雰囲気があります。

夢みるアドレンスとかもスクールカースト上位っぽいけど、

でもなんてゆうか、チキパは“俗っぽい”。

妙に現実味がある。

かつて、振付師・竹中夏海先生は「中学のイケてる男子サッカー部っぽい」と

評していました。

 

俺のような、中学は卓球部だった日陰者人間としては

本来そういうグループは避けたいところ。

でも、今のチキパにはただのチャラチャラではなくて

気迫とストイックさをビンビンに感じる。

“ブートキャンプ”仕様の全国ライブハウスツアーをやってきただけある。

 

だから、ライブハウスツアーを完走して初の単独公演となる

6月28日、赤坂BLITZにおけるライブに行くことにした。

今見ておかなきゃと思った俺の直感は正しいのか。

確かめたい。

 

 

ひなchuン格好良いよかわいいよ